結婚式で流すムービーの注意点

私は少し前に友人の結婚式の披露宴用ムービーを作成しておりました。その内容は、新郎新婦に内緒でお互いの母親から手紙を貰い、それをムービーにしました。作っていて、注意しなくてはならないなと思ったのが、プロジェクターで見ることになるので、淡い色などが見えづらくなってしまうこと。また、手紙ということで、文字が流れるのですが、早すぎると読めないということ。しかし、時間は限られておりました。その時間内で、極力、文字の出るスピードを抑える。これが一番、大変だったと思います。結局、手紙の内容が長かったので、じっくり読めるような感じでは無くなってしまいましたが、最後にその手紙を新郎新婦へ渡し、とても喜んでもらえました。自分の結婚式は終わったので、また友人の結婚式にでもムービーを作ってあげたいなと思っております。


最近の結婚式は、ムービーも当たり前

結婚式には、写真が付き物です。両家の親族が全員揃っての集合写真から始まって、新郎新婦2人だけのスナップ写真や記念写真などあります。そして、近年は、ムービーも撮って残す人が、多いように見受けられます。そういった撮影をする人は、結婚式場で用意している事は勿論だと思いますが、新郎新婦が、個人的にプロの人にお願いをして雇う事もあるようだと耳にしたことがあります。一生に一度の晴れの舞台の、想い出に残る写真やムービーですから、やはり、納得のいくような物に仕上げたい気持ちは当然の事と思いますし、理解出来ます。でも、聞くと随分と、料金は高いようです。これも、価値観なので、大きなお世話かもしれませんが、私に言わせれば、実に勿体無いなと、思ってしまいます。だって、経験上、そういった写真を、眺める事も、最初の内だけで、そのうちにどこかにしまい込む事にもなり兼ねないのです。


結婚式でに参加できなくてもムービーでお祝いする

結婚式に招待されたけども、色んな事情で出席するのが難しい。という場合がありますよね。たとえば、海外で挙式を挙げる新郎新婦ですと、出席できる人は限られていますよね。しかし、出席できないとしても、ほかの形でお祝いや祝福をすることができます。どんな方法でしょうか?それは、お祝いメッセージを送ることです。手紙や祝電もうれしいかもしれませんが、友人たちと何人かで一緒に、ムービーを作成して送ることができるかもしれません。メッセージだけではなく、得意の歌とダンスを入れるのも面白いかもしれませんね。そして、作成したムービーは披露宴の時に流してもらいましょう。結婚はとても喜ばしいものですから、たとえ式に出席できないとしても、別の形でお祝いや祝福をするなら、新郎新婦にとって、きっと、忘れられない思い出となることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*