結婚式におけるムービーについて

結婚式おけるムービーの上映は、近年多用されるようになりました。それはなぜでしょうか?そして、それはどのような効果があるのでしょうか?第一に人生をダイジェストに印象付け、家族との絆を再確認することが効果的に行えるからです。従来は新郎新婦の生い立ちについては解説によってのみ説明されていましたが、やはり司会者の説明だけではなく伝わりにくいニュアンスや表現は映像としてそれらを説明することの印象は圧倒的なイメージのしやすさや親しみにつながります。またムービーの活用方法としてはそれだけではなく、新郎や新婦からのメッセージとして両親への感謝の気持ちを伝えることにも効果的に使われますし、その逆に新郎新婦に対して友人一同などから祝福のメッセージを送る際にも使われます。これは特に、式に出られなかった人からのコロントや祝辞をその場で共有できるメリットもあります。これらのメリットから近年の結婚式ではムービー上映は絶大な支持を受けるようになりました。


結婚式のムービーは映画の予告編です。

華やかな人生は結婚式で決まります。二人の絆を深めるためには細かいところにアレンジを加えましょう。ムービーを取り入れることでストーリー性は確立します。出会いやプロポーズなどのシーンを交えながら親近感を表現してください。なので演出方法で二人の愛情は理解できるはずです。映画の予告編のような動画をイメージしてみましょう。おしゃれな音楽を入れながらロマンチックな雰囲気を表現してください。結婚式は記憶に残るものなので完成度の高い作品をつくりだしたほうが良いのかもしれません。そのためにもまずは大まかな流れをつかむようにしてください。そして効果音などを加えて動画の価値を高めていきましょう。写真を重ねてみると背景に臨場感があらわれるものです。英字やフォントを太くすれば全体像も変わってきます。またグラデーションを使ってゲストに感動を与えましょう。


面白い結婚式のムービー

3年前の事になりますが、友人の結婚式にお邪魔させてもらいました。そんな中、1人の友人がマメにムービーを撮っていて感心していました。しかし、アルコールが入りながらの録画で時間が経過するにつれても頑張って途中までは撮っていた様ですが、後で皆でアフターパーティーと題して集まり、見せてもらったのですが、大笑いの連続でした。最初は1人1人の顔もしっかり綺麗に取れてコメントも入れているのです。もちろん新郎新婦もたくさん綺麗に撮っているのですが、ある時間からアルコールで何度と乾杯をしている声しか入っていないのです。更にどうして自分でずっと撮り続けているのかわからなくなった様で、他の友人に頼んだそうです。幸い後半の時間帯も数人で回して撮ってくれていて楽しいシーンや感動のシーンは逃さずに見れました。これを見てどんなシーンになっていようと思い出の場所ではムービーは大切だと強く思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*